家族ぐるみのサポートが必要

塾の女子学生

最近の家庭教師を派遣する会社では、相性がよくない場合には教師を交代させてくれるシステムを取っているところが多いので、そのような会社を利用するのも良い方法です。
多くの派遣会社では事前に体験授業を開催しているので、それらを子供に体験させるのも必要です。
塾や予備校でも、最近では少人数制を敷いているところが増えています。
子供1人1人の勉強の進捗状況に合わせてサポートするという指導法が、中学受験には適しているからです。
中学受験の難しいところは、まだ小学生なのでメンタルの部分で挫折しやすいことです。
そうならないためには、塾や家庭教師にまかせるだけでなく、家族全体で支えてあげ、応援する姿勢がとても大切になります。
合格という目標に向かって尻を叩くだけでなく、上手な息抜きをさせてあげるのは親の役目になります。
もしサポート面でうまくいかない場合は、もよりの役所に相談するのも必要です。
精神的な支援をしてくれる組織などがあります。

小学生向き

塾の女生徒

中高一貫校への人気が高まっていますが、そのためには中学受験をする必要があります。
中学受験に取り組むのは早い子供の場合は小学三年ぐらいから、遅い子供でも5年生になると受験勉強を始めることになります。
一般的には塾や予備校へ通うことになりますが、中には家庭教師をつけるケースもあります。
高校受験とは違って、小学生が受験に立ち向かうわけですから相性の良い塾や家庭教師をつけるのが大切になります。
もし相性が良くないのに受験勉強を続けていると、勉強そのものを毛嫌いしてしまう場合があります。
そのようにならないためにも、中学受験の場合は子供任せにしないで、親が常にサポートする体勢をとることが重要になります。
特に家庭教師の場合は、学歴と指導力は一致しないということを知っておくべきです。
いくら学歴が高い教師でも、教え方が悪いと子供に悪影響を与えてしまいます。
事前に試用期間を設けて教えてもらうという方法を取った方が安心できます。

やめましょう。

塾の生徒たち

念頭においてもらいたいことがあります。
それは任せにしないことです。
塾に行かせてるから、家庭教師をつけたからといって成績が上がるものではありません。
高いお金を毎月はらっているののに、ちっとも成績は上がらず「ドブにすてるようなものだ」と嘆いているお母さんのほとんどが任せっぱなしにしているのです。
よほど強い意志を持った子でなければ膨大な宿題をこなさえないし、暗記だって嫌に絶対になります。
そうならないためにはどんな工夫をすればいいのでしょうか。
たとえ子どもから嫌がられようと、毎日子どもの勉強・宿題を見て、どこは理解している、ここは理解していないとといった理解度チェックや弱点を親がしっかりと把握し、それを塾・家庭教師に伝え、対策を練ってもらうことが大切です。
それによって親・先生・子どもとが一緒になって中学受験を乗り越えれるはずです。
単に教えるだけなら高いお金を払わなくていい親塾でいいと思いますが、就学受験の骨の髄までしている先生に教えてもらえるそこにメリットはあります。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年10月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031